「彼女のダンスはめぐりあう」(2021/95min)


多感な時期を過ごす、女子中高生がダンスを踊るまで-。 世界で活躍するコンテンポラリーダンサー・振付家の浅井信好と、フランスで活動するマイム俳優・演出家の奥野衆英によるフィジカルシアターカンパニー「月灯りの移動劇場」。オーディションで選ばれた6名の女子中高生達が、作品至上主義のもと、徹底した技術訓練、観客がいることの尊さやプロとしての心構えを学びながら、公演「KOKO TO SOKO」に挑む姿を捉えたドキュメンタリー。 2020年2月クリエーションを実践していた矢先、コロナウィルス感染拡大によってクリエーションが中断してしまう。コロナ禍によって、撮影期間は被写体との物理的な距離を縮めることが困難な状況の中、彼女たちは「スマートフォンで映像日記を撮影する」という課題を与えられ、自分のこと、日々感じたことをスマートフォンに向かって語り始める。 彼女達のスマートフォンで捉えた映像から、瑞々しく美しい瞬間が立ち上がってゆくー。 舞台芸術の未来を考察する大人達と、今を生きる彼女達の半年間の物語。


[出演] 井上花、杉浦ゆら、高木深月、竹内里緒、伊藤京子、西岡和泉、浅井信好、奥野衆英、河西進、杉浦亜希 [スタッフ] 撮影 井上花、杉浦ゆら、高木深月、竹内里緒、伊藤京子、西岡和泉 [公演撮影] 田中博之、佐藤良祐 [音楽] 山根星子、ウミネコ楽団、川崎正貴 [タイトルロゴデザイン] Ina Takayuki [プロダクションマネージャー] 杉浦亜希 [プロデューサー] 浅井信好 [協力] 田中博之、リンナイ株式会社 [助成] 中川運河ARToC10事業、公益財団法人パブリックリソース財団アーツ・ユナイテッド・ファンド [撮影、編集、監督] 佐藤良祐 [製作・配給] ダンスハウス黄金4422、月灯りの移動劇場